黄色の錠剤

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほどの美白効果がある成分です。
その美白効果は、美白のための成分と聞いて一番に思いつく人が多いであろうビタミンCの100倍とも言われています。
ビタミンCをはじめとする美白成分は、これからできるシミやくすみを予防するという働きがあります。
しかしハイドロキノンは、今、肌に出来ているシミを薄くしていきながら、これからできるかもしれないシミを予防できます。
さらにその予防効果も、シミの原因となるメラニンを作り出すメラノサイトという細胞自体を減らしてしまうことによって、シミやくすみを抑制するという働きがあるのです。
あまりにもその美白効果が高いため、日本では2001年までは化粧品に配合することが禁止されていたほどです。
現在ではドラッグストアなどでもハイドロキノン配合の化粧品を購入することは出来ますが、その配合率は低濃度です。
高濃度のものは今でも医師の処方箋がなければ購入することが出来ないものなのです。
美白効果バツグンのハイドロキノンですが、その効果が高いため肌へ強い刺激を与えてしまう可能性があります。
シミなど気になる部分に塗ることで肌のターンオーバーを促進させ、シミを消していくのですが、炎症や赤みが出てしまうことがあります。
また、美白効果が強すぎることで肌が白くなりすぎてしまう白斑という症状が出てしまうことがあります。
そのため、どれだけ肌を白くしたい!と思っても、いきなり高濃度のものから使用するのは避けるようにしましょう。
低濃度からスタートして、自分にあった濃度のものを使用することが肌のトラブルを引き起こすことなく、肌を白くするためには重要なポイントになります。
シミだけでなく、ニキビの悩みを持っている方はアダフェリンを使うとニキビ改善に繋がります。

記事一覧

高濃度のハイドロキノンの医薬品を使いたいなら、医療機関で処方をしてもらいましょう。 化粧品などに含ま...

女性なら誰でも美しい肌を保ちたいと思うものです。 疲れが溜まると肌の状態を悪くしてしまいますし、紫外...

小さなバストをサイズアップさせるために、肩回しのエクササイズの方法があります。 形の良いバストを目指...

メガネをかける男性

30代以降になると、色々な肌トラブルが出てきます。 素顔に自信を持ちたい女性にとっては、シミやたるみ...

薬

ハイドロキノンは使用量や使用方法を、気をつける必要があります。 たくさん塗ると良いものではなく、使い...

ニコニコする男女

ハイドロキノンは医療用に使用される成分で、メラニン色素を合成する酵素チロシナーゼを阻害する作用を持ち...

考える男の人

ハイドロキノンとトレチノインを併用した方法はネットでも度々紹介され、毛穴の黒ずみやニキビ跡の改善、美...