• ホーム
  • ハイドロキノン誘導体って本当に効果あるの?

ハイドロキノン誘導体って本当に効果あるの?

ニコニコする男女

ハイドロキノンは医療用に使用される成分で、メラニン色素を合成する酵素チロシナーゼを阻害する作用を持ち、さらにメラニン色素の大もととなるメラノサイトに対する選択毒性があります。
メラニン色素は肌の着色に関わるもので、これが濃い人は黒色に近い肌になりやすく、薄い人は白い肌となります。
紫外線の刺激を受けることで色素として沈着しますが、紫外線そのものから肌を守る効果があるので重要な要素となっていますが、一点に固まるとシミの原因となることから、美肌を求める女性からは嫌われ者となっています。
ハイドロキノンはこうしたメラニン色素やメラノサイトに働きかける成分ですが、同様にその成分に似せた作ったものがハイドロキノン誘導体と呼ばれています。
コケモモや梨、サンタベリーなどの天然植物を中心にして作られたもので、アルブチンとも呼ばれます。
美白化粧品に多く含まれており、生成する成分によってαアルブチンと、βアルブチンに分けられています。
αアルブチンはハイドロキノンにブドウ糖を結合させた成分で、肌との相性がよく美白の効果は高いと言われ、最近の化粧品ではほとんどがこちらの成分を配合しています。
対するβアルブチンはハーブなどの天然植物から抽出したエキスで生成され、肌との親和性が低く吸収が悪いデメリットがあり、美白効果が低いのが欠点ですが、肌への負担が少ないのが特徴となります。
効果の強さとしてはハイドロキノンよりもαアルブチンが10分の1程度で、βアルブチンはさらに10分の1程度となります。
高い美白効果を求めるならハイドロキノンのみを使用するのが良いとされますが、敏感肌などで肌が荒れやすい人は、βアルブチンを利用すると良いとされます。

関連記事